REVIEW

【Review】ノイズキャンセリング性能最高のイヤホンを購入!【SONY WF-1000XM4】

こんにちは!気まぐれサラリーマンです。

今回はSONYの高級イヤホン「WF-1000XM4」を購入してみたので使用感などをまとめていきます。

私が購入した理由

  1. ノイズキャンセリング機能を試したい!
  2. より良い音質のイヤホンを使用したい!

洗練されたデザイン

ようやくやってきました!!!

早速、開封していきます。

同梱物は以下の通りです。

  1. 本体
  2. イヤーピース(S,L)※Mは、本体に装着済み
  3. 短いtypeCケーブル
  4. 説明書一式

ここで、驚いたのがすべて紙できれいに梱包されていること。

環境への配慮を感じられる梱包になっており、さすが”世界のSONY”!!!

そして、肝心の本体を見ていきたいと思います。

天面には、”SONY”のロゴがあります。そして、表面の質感は”ザラザラとさらさら”が共存した感じ!?なんとも伝えにくい質感です。決して、触り心地が悪いという印象はありません。

むしろ、マットブラックな印象があり質感高く見えると思います。

背面は、typeCの充電端子部があります。

充電は、ケーブル充電の他、”置くだけ充電”にも対応しています。置くときは、写真の通りの向きで置くと充電されます。

来ましたね!!!両端のピンクゴールドのアクセントもいやらしくなく、むしろ高級感を感じます。

本体サイズとしては、大きくもなく耳に入れやすいサイズ感だと思います。

全体的に、質感高くデザイン性も良く持っているだけでテンションの上がる製品だと感じました。

肝心のノイズキャンセリング機能

まず、装着して感じた事はノイズキャンセリング機能をONにしていなくても耳への密着感が強い!イヤホンをしているだけで静かな空間が広がります。

そして、”肝心のノイズキャンセリング性能”としてはすごいの一言。無音の世界が広がり、音楽に集中できる!

これが、ノイズキャンセリングか!!!と驚いてしまいました。

アプリでのカスタマイズ性

アプリで、イコライザーの設定やイヤホン本体の設定、ノイズキャンセリングのON/OFFができます。

参考までに、アプリ画面の紹介もしていきます。

・サウンド画面にて、”外音コントロール(ノイズキャンセリングON/外音取り込みON)”の設定とイコライザーの設定ができます。

・システム画面では、”最適なイヤーピースを判定”というのがあり、自分に合ったイヤーピースを選べる機能がついているのは面白いなと思いました。

また、イヤホン本体の側面にセンサーが入っており、タップすることで”再生コントロール”などができる設定がシステム画面にはあります。

詳細な設定画面は以下になります。

思った以上に、使い勝手のいいアプリだと感じました。

また、androidの端末だけではなくiPhoneなどにもアプリがあるので、同様に設定ができると思います。

まとめ

本体のデザインから、使用感までこれ以上のイヤホンがあるのか!?と思わせるような完成度。

今まで使用してきたイヤホン(Galaxy Buds)とは比べ物にならないほどの音質の良さ。

そして、思っていた以上にペアリングのスムーズさに驚きが隠せません(笑)。

今年1番購入してよかった製品です。

参考までにリンクを張っておきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA