REVIEW

【Review】Logicool MX Keys Mini | その使い心地はいかに?最高じゃん!?

在宅勤務を機に、新たなキーボードを新調しました。

私の求めるキーボードは…

  • Bluetooth(遅延がすくない)接続ができる。
  • 複数のデバイス切替えができる。

最低限、この2点の機能があればストレスなく使用することができるはず!?

製品仕様

項目詳細
キー配列JIS(日本発売モデルはJISのみ)
充電方式USB-C
バッテリーフル充電10日
※バックライトオフ最長5ヶ月
マルチペアリング3台
押下圧60±20g
キーピッチ19mm
キーストローク1.8mm
カラーペールグレー
グラファイト(これを選択しました!)
ローズ
サイズ高さ:131.95mm
幅 :295.99mm
奥行:20.97mm
重量:506.4g
価格13,860円(公式価格)

内容物

  • JIS配列キーボード
  • USB-C充電ケーブル(USB-A to USB-C)
  • 取扱説明書
  • 保障規定書

デザイン

前面

丸みを帯びたやわらかい印象のボディ。

側面

後面

電源ボタンと充電用USB-Cポート。

底面

5か所のゴム足とセンターに製品ロゴ。

使って良かった点

タイピングがしやすい

キーボードの、各ボタンに注目してほしい。

そう。少しくぼみがあるのがおわかりいいただけるだろうか?

このキーボードの特徴でもあるこのボタン。

これによって、指が吸い込まれるようにタイピングができる。

PCへの接続切り替えがスムーズ

ある一定のスペックを持ち合わせたBluetoothキーボードなら、付いているのが当たり前なのかもしれませんが…PC切替えボタン。

“F1″、”F2″、”F3″ボタンに配置されている。

この切替えボタン1つで、仕事用PCとプライベートPCの行来がめちゃくちゃラク!

使って気になった点

ファンクションキーの位置

ファンクションキーの位置は、個人的に気になってしまいました。

使用し続けることで、慣れてくる部分ではあると思うのですが…どうしても”F12”を押そうとして”Insert”を押してしまう(/_;)

カスタマイズしないとファンクションキーが使いにくい

2点目も、ファンクションキー関連です。

これは、仕方ない部分なのかもしれませんが、WindowsノートPCのキーボードでは基本的に”home”や”end”、”pegup”などのキーがファンクションキーに割り当たってるのですが、この”Logicool MX Keys Mini”にはない。

ショートカットを割り当てることで、解消できる?

バックライトの点消灯のタイミングがよくわからない

バックライトは、暗いところではたまーにあると便利だと思うのですが。

”Logicool MX Keys Mini”のバックライトは自動点消灯機能が付いており、これがどのタイミングで点消灯しているのかわからない。

手を近づけただけで点灯するときもあれば、キーを押し始めて少し経ってから点灯し始めたり。まだまだ、わからないことだらけ。

また、バックライト使用時の連続使用時間はめちゃ短い(10日)らしいので基本的にはOFFするのが良さそうですね!

総括

結局”Logicool MX Keys Mini”買ってどうだったのか?

期待通りで”最高”じゃん!!!

確かに、前述でも書いた通り気になった点もいくつかありますが、

トータル的に見ても、デザインと使い心地はバッチグーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA