REVIEW

【Review】LINEMOを調べてみた。

前回に引き続き、大手通信会社の格安プランを紹介していきます。

前回までは、【Review】ahamo(アハモ)を調べてみた。【Review】povo(ホヴォ)を調べてみた。ぜひみてください。

今回は、SoftBankの”LINEMO(ラインモ)”を調べてみたので一緒に見ていきましょう。

※発表当初は、”Softbank on LINE”の名でサービス発表されました。

料金

基本料金は、”2480円”で20GBまでの高速通信。

auの“povo(ホヴォ)”に追随するように基本料金を変更してきました。

また、オプションが追加されました。

★通話し放題 +月/1500円 ということです。

サービス内容

類似しているauの“povo(ホヴォ)”との違いを見ていきましょう。

auの“povo(ホヴォ)”との違いは、LINEアプリ使用に伴う通信容量はカウントフリーという事!

LINEをメインで、トークをしたり通話をする人には嬉しいサービスですね。

また、仕事などでキャリア通話が必要な方オプションを追加することで”通話し放題”にすることができる。

上記以外での違いは、”eSIM”が対応していることです。

さいごに

ここまで、読んでくださりありがとうございます。

ドコモ、au、Softbankの各社低価格プランが出そろいました。

私の見解としては、どれを選んでも今よりお得になることは間違いないでしょう。

ただし、サービスが始まってからの各利用者の評価もこれから吟味していくことが大事になりそうです。

皆様に合った料金プランを選択していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA